測量現場が抱えるお悩み

  • ドローンを飛ばせない場所で、平面図作成やICT起工・出来形測量をするために、3次元計測をしたい
  • これまでのSLAMでは精度が低く、求められた成果物を作成できない
  • 災害現場ですぐに計測をしたい、立ち入れず測量できない場所がある

Terra SLAM RTK が劇的に変える!

Terra SLAM RTK

Terra SLAM RTK とは?

SLAM(Simultaneous Localization and Mapping;自己位置推定と環境地図作成の同時実行)とは、
レーザ点群の特徴点をマッチングして、自己位置と点群を同時に推定する技術です。
Terra SLAM RTKは、SLAM技術を用いて高精度な測量を実現しました。

特徴


Terra SLAM RTK

高精度、高品質


  • 測量精度3-5cmの高精度な点群取得により、トータルステーション等の従来手
    法との組み合わせで、測量平面図作成や、起工・出来形測量での活用も可能です。
  • ネットワークRTK機能で、対空標識を設置せずに座標付けすることが可能です。
  • GNSS受信機としての普段使いも可能なので、SLAMだけでは活用頻度が少なくても費用対効果が抜群です。

簡易性


ワンタップで誰でも簡単に 計測スタート。機材を傾けても 高精度に点群を取得することが可能です。

複雑な計測場所でも、計測したいエリアを 歩くだけ。ループフリー機能で、歩く場所 や歩き方を気にせず点群取得が可能です。

解析ソフトで簡単に点群を出力。 災害対応でも即座に成果物を作成 することが可能です。

日本の測量基準に合わせた充実のサポート


導入から運用までだけでなく、お客様が長期的に活用できるよう一気通貫での支援を行います。

  • 公共測量、i-construction対応のための帳票作成支援をいたします。
  • Terra Cloudでの解析サービスにより、グラウンドデータの作成以降の自社での解析は不要です。
  • サポートスタッフの充実でいつでも質問可能となっています。

帳票作成支援

公共測量測量/i-Constructionへの対応
公共測量やi-Constructionに必要な精度・性能試験や帳票の作成をサポートします。

発注元向けの説明支援
発注元から要望される書類提出など、様々な要望に対して支援します。

Terra Cloudの活用

Terra SLAM RTKを購入した方は、どなたでもTerra Cloudを活用可能です。

解析サービス
グラウンドデータ、その他成果物の作成を弊社クラウドサービスTerra Cloudに依頼可能です。※成果物に応じて料金が発生します。

ビューア、共有機能
点群のビューア機能や共有機能を活用して、社内だけでなく発注元や協力会社に点群を共有することが可能です。

運用支援

迅速な問い合わせ対応と現場に応じたサポートで運用をサポートします。

さまざまな問い合わせ窓口の設置
メール、専用ダイヤル、オンライン面談等、各種問い合わせ窓口を設置しております。

現場に応じたサポート
自社での計測経験を活かしたご対応はもとより、そのほか、緊急の機材トラブルへの対応など、お客様の現場からの様々な疑問・質問にも素早い対応を心がけています。

仕様


精度

絶対精度: 5cm

相対精度: 1cm

スキャンレート 320,000 点/数
レンジ 80m
FOV 360° x 270°
解像度 15MP
バッテリー作業時間 1h(ホットスワップ可能)
動作温度 -20° ~ +50°
重量 1.9kg

よくあるご質問


1.付属ソフトはついていますか?

オリジナルデータを作成する点群解析ソフトが付属しています。

2.次元点群処理ソフトは必要ですか?

付属のTerra Cloudを利用いただく場合は、追加料金をお支払いいただけましたら、グラウンドデータや精度管理帳票も作成可能ですので、3次元点群処理ソフトは不要です。

3.屋内でも利用できますか?

屋内でも利用可能ですが、精度の良いデータを取得するために、全行程の20%程度の計測エリアに対して違う角度から侵入して再計測をする等、データ取得の仕方に工夫が必要です。

4.公共測量やICT施工での活用は可能ですか?

「LidarSLAM技術を用いた公共測量マニュアル」や「3次元計測技術を用いた出来形管理要領(案)」に基づいた成果物を作成することが可能です。

お問い合わせ